So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

メモの魔力 [実用]


メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

  • 作者: 前田 裕二
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2018/12/24
  • メディア: 単行本



 これまでブログにいろいろな本の感想を書き綴ってきたのだが、迷走気味である。

 そもそも本の感想を書くことに何の意味があるのか。手間がかかる割にたいしてメリットがあるように思えないし、おまけにだんだん飽きてもきた。

 ということで、ブログの投稿頻度もだんだんと減ってきて、そろそろ続けるのをやめようかとも思っていたのだが、そんなときに読んだのが「メモの魔力」という本である。

 この本には日常で目にした出来事をなんでもメモしようということが書かれている。観た映画や演劇のことでも、街で見かけた看板のデザインのことでも、とにかくひたすらメモしようよと。

 それも、単に事実を記録するという意味ではなくて、「なんでこの映画は流行っているんだろう」「この看板はなんでこんなデザインなんだろう」と、気づいたことをメモするということが大事だと書いている。見聞きした出来事を単に吸収するだけでなく、自分の頭の中で抽象化して、「何かの法則性はないか」「他に応用できないか」などと考えることが重要だという。

 こうしたメモを続けていくことで、日常で目にするあらゆることがより意味のある情報に変わる。アイデアに変わる。社会に対する理解がぐっと深まっていくことが期待できるのだ。

 この本は、頭の中でもやもやとしていたことをうまく言語化してくれた感じがする。たしかにメモを書いたり、文章にしたりすると、頭の中が整理されてすっきりすることがよくある。本の感想を書いていても、内容を説明しようとすることで本の中身に対する理解が深まったと感じることは多い。アウトプットがインプットの質を高めるということは実感としてあるなと思った。

 漫然とメモをするのではなくて、自分の行動に結びつけられないかと考えることが大事と書かれているところも刺さった。これは今まであまり意識してこなかったので。インプットも雑然とため込むだけでは意味がなくて、別のところでアウトプットとして応用することが大事。本も読みっぱなしでは意味がなくて、実践することが大事ということだろう。

 この本を読むと、俄然なんでもメモしたくなってくる。ブログもしばらく続けてみようかなという気になってきた。この本を読んでメモにいろいろな効用があることが分かったので、ブログに文章を載せることにもそれなりに意味はありそうだと分かったからだ。

 とにかく読んでいて元気をもらえる本で、こういう本はありがたい。年始によいものを読んだ。
タグ:前田裕二
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント