So-net無料ブログ作成
検索選択

会計士は見た! [会計]


会計士は見た!

会計士は見た!




 世間をにぎわす事件が起こると、ニュース新聞は事実を伝えるだけではなくて、独自に見解を述べたりする。コメンテーターや解説者という人たちが出てきて、あれこれ論じる。

 一見もっともらしいことを言うし、感心させられることもあるのだが、なんだか結構適当だなと感じられることも多い。そこらの世間話とたいして変わらないじゃないかと。

 なんといっても根拠があいまいなのが原因。よく聞いていると、たいした根拠もなく語っていることがある。外部の人間で実情も分からないはずだし、当局でもなければ証拠を入手できないのだから仕方がないのだろう。少ないデータで憶測でしか語ることができないのだ。

 じゃあ当事者本人が記者会見を開いたりした場合には、そのまま鵜呑みにできるかというと、そう簡単でもない。人は自分の都合の良いことしか言わないものだから。

 こんなふうに、ニュースというものはえてして外部からはつかみにくいものだけれど、例外もある。会社に関する事件だ。

 てるみくらぶや東芝など、業績悪化や倒産話題になることは多い。こうした会社に関する問題は、個人間のいざこざに比べても外部の人間にも実情を把握しやすいのではないか。それは、会計情報が公開されているからだ。

 どんなに隠そうとしても粉飾しようとしても、会計帳簿の中には痕跡が残ってしまう。倒産に至ることになった経緯が、数字として如実に現れてくる。

 こうしたことは、「会計士は見た!」という本を読むとよく分かる。世間をにぎわせた日本企業の不祥事を決算書から読み解いた本だ。大塚家具の社長交代劇、スカイマーク倒産、ソニーの業績低迷、東芝の粉飾問題などを取り上げている。

 これを読むと、ニュースからは見えてこないような、会社の生々しい実情が見えてくるのである。例えば、大塚家具の父娘がそれぞれどんな経営体質だったのか、どうして喧嘩になったのか、当事者はどんな人物像だったのかをデータから読み解いてしまう。こんなことまで分かってしまうのかという驚きの連続だった。

 こういうはっきりとした根拠のある話ならもっと聞いてみたいものだ。やはりデータに語らせるということは大事である。言っていることに説得力があって、聞きがいがあるし、こんな風に読み解くのかといろいろ勉強になった。
タグ:前川修満
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

山田先生とマネー番組をはじめたら、株で300万円儲かった [会計]





 株式投資でも始めてみようかと思っている。

 宝くじやパチンコなどとちがって、社会と結びついているところがいい。ただのお金儲けではなくて、「この業界の景気はどうか」「世界経済の動きはどうなっているのか」などと、投資活動を通して世界の仕組みが見えてくる。社会勉強になるところがよさそうなのだ。

 さっそく初心者向けの本書を読んでみた。投資とギャンブルの違い、株を選ぶ時のポイント、株はどういうときに値動きするのかなど、なるほどと思えることがたくさん書かれていた。初心者に向けた注意点なども書かれていて、まさに手取り足取り。よい入門書であった。

 それにしても、この投資という考え方は面白い。よく考えたら、投資というのはお金に限った話ではない。どんなことに時間を費やすのか、どんな人と付き合うのか、こういうのも投資の一種だろう。

 投資というのは、「将来の自分の利益のために、今持っている財を投げ打つこと」だそうだ。この定義は時間にも当てはまる。どんなことに時間を費やすかによって、将来の自分に何が返ってくるのかが違ってくる。費やした努力が見事に実る場合もあるし、無駄なことに時間を費やしすぎてろくな結果が得られないことだってある。

 誰しもが、せっせと財や時間を費やして生活をしている。意識するしないにかかわらず、過去に費やしたお金や時間は、将来になって結果となって反映される。人生とはすべからく投資なのだ。

 この人生の投資活動に、株式投資の考えが役に立つことがある。たとえば、リスク分散の考え方。ひとつのことにのめり込みすぎると、その分野が立ち行かなくなった時に困ったことになるけれど、複数の物事に時間を費やしておけば、緊急事態を回避することができる。そもそも、自分のこれまで知らなかったことに時間を費やすことは、世界が広がることにもつながるだろう。

 お金にしても時間にしても、貴重な資源であることは同じ。株式投資には、資源を有効活用するためのノウハウがつまっているんじゃないか。そう考えると、俄然と興味がわいてきた。

 将来どんな自分になりたいのかによって、何に時間やお金を費やすべきかが変わってくる。投資はいわば、将来の自分へのプレゼント。将来の自分に何を送りたいのか、たまにはじっくり考えることも大切かもしれない。
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? [会計]





 どこからともなく聞こえてくる「た~けや~」というメロディ。「2本で1000円」といううたい文句。誰もが耳にしたことがあるであろう、さおだけ屋の営業。

 自分はこれまで一度もさおだけを買ったことがない。きっと誰かが買って商売が成り立ってるんだろうと、深く考えたことさえなかった。だが、よく考えてみると、たしかに不思議な仕事ではある。

 さおだけ、たしかに持っていれば便利かもしれないが、そんなに誰もが使っているものなんだろうか? どんな人に向けてさおだけを売っているのだろう? いったん買ってしまえば長持ちしそうで、何度も買い換えるようなものでもなさそうなのに、商売としてどうやって利益を上げているのだろう? 考え出すと思考がくるくると空回りしてしまうような謎のビジネス、さおだけ屋。

 本書はこの「さおだけ屋がなぜ潰れないのか?」という点に着目し、真っ向からこの気になる疑問について迫った一冊である。さおだけ屋がどんなビジネスモデルなのかをぐいぐい解き明かしていく会計ミステリー

 筆者は公認会計士の山田真哉。会計的には、「売り上げ」から「費用」を引いたものが「利益」。「利益」を上げるには、「売り上げを上げる」か「費用を減らす」しかないという。では、さおだけ屋は、このどちらかを実践しているのだろうか? さおだけはガッポリ売れるのだろうか? それとも、費用が全くかからないのか? 筆者は、仮説を立てながら、さおだけ屋の謎を追求していく。そして、その謎解きをたどっていくうちに、読者はいつの間にやら会計の仕組みが徐々に分かっていくというしかけ。

 「さおだけ屋はなぜつぶれないのか?」「高級フランス料理店はどのように儲けているのか?」「在庫だらけの自然食品店が商売を続けていられるのはなぜなのか?」身近なところに存在する、ビジネス上の数々の疑問。本書はそんな日常の中の謎をひもときながら、社会を動かしている会計の仕組みを楽しく教えてくれる。

 会計などというと、貸借対照表だとか損益計算書だとか、いかにも難解でとっつきにくいイメージがあるけれども、本書を読むと、実際にはすぐ近くのお店でも会計のしくみが重要な役割を果たしているんだということがわかって、会計に親しみがわいてくるような内容。「売り上げ」「費用」「回転率」「在庫」などとごく大まかな指標が分かるだけでも、ビジネスの世界はこんな風に動いているんだというダイナミズムが感じられる。社会に対する新たな見方を与えてくれるような本なのだ。

 本書を読んだあとには、さおだけ屋に限らず、いろいろなお店のビジネスモデルがむやみに興味深くなってきて、自分でいろいろなお店に入るたびに、このお店はコストはどのくらいかかって、どのくらい売り上げがあってなどと、いらぬことまで考えさせられてしまうようになったほど。

 これは入門書だけれども、好奇心をかきたてられるようなところがある刺激的な一冊。もっといろいろと会計のことを学んで、社会を深く見ることができるようになりたくなった。
タグ:山田真哉

手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。 [会計]





 「さおだけ屋はなぜつぶれないのか?」でおなじみ公認会計士・山田真哉が、ニコニコ動画で行った講義を書籍化したもの。「給与明細」「給与明細2」「消費税」「カード」という題目で、身近な生活に関係するマネー話を伝授している。

 給与明細について各項目にどんな意味があるのかを説明してくれていたり、消費税の複雑なしくみを読み解いたり、クレジットカードの怖い話があったりと、今すぐ生活に役立つ知識を非常に分かりやすく教えてくれる内容。給料の話から、所得税、住民税、健康保険、年金、政治、クレジットカード、ポイントカードの話まで、話題も多岐にわたっている。

 確定申告はアルバイトでもやった方がいいのか? 宗教団体はなぜ政党をつくりたがるのか? 消費税増税前に買っておいたほうがいいものは? ポイントカードはどれがお得なのか? などなど気になる話題が続々。

 本書を読むと、給与明細の細かな見方が分かるようになるし、消費税の政治的な議論についてその背景も知ることができるし、クレジットカードの仕組みも把握することができるようにもなる。知って得するマネー話が満載されていて非常に役に立つ本。とくに、ふるさと納税の意外なお得感の話などは、これまで全く知らなかったので、税金上の有利なところや特産品をもらえる話など、うれしい話がいっぱい書いてあって、挑戦してみようかなと思えてきた。

 ニコニコ動画ならではの視聴者との間の双方向のやりとりもあって、ユーザーアンケートの結果なども載せられていて面白い。ユーザーの27%が給与明細をもらったそばから捨てているという結果が出たり、カードは楽天が圧倒的に人気があることが分かったりと、生活の裏側が赤裸々に分かってしまうところなども楽しい。

 今回この本を読んだだけで、元の講座自体は見たことがなかったので、こんなに面白い講座があったのかと驚いた。今度放送されるときには是非見てみたいと思った。
タグ:山田真哉