So-net無料ブログ作成

池上彰のやさしい経済学 [経済]


池上彰のやさしい経済学 (1) しくみがわかる (日経ビジネス人文庫)

池上彰のやさしい経済学 (1) しくみがわかる (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: 池上 彰
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2013/11/02
  • メディア: 文庫



 経済の基本がよく分かっていないなと思って、池上彰の解説書を読んでみた。経済の基本のキから教えてくれる初心者向けの本だ。

 この本によると、経済学というものは、有限な資源をどのようにして最適配分するかという学問のことらしい。お金のことだけでなく、モノや時間など有限なものをどのように有効活用していくのかということを考えるのが経済なのだ。

 有効活用のやり方は、需要と供給による調整ということになる。需要と供給のぶつかりあったところで有効資源の価値が決まる。

 昔はこれが放っておいたらうまくいくと思われていた。「神の見えざる手」というやつである。市場で自由競争に任せておけば、需要と供給のバランスが勝手に調整されて、経済はうまく回っていくものだと思われていた。

 だけど、この考えは正しくなかった。自由競争にはいろいろな弊害があることも分かってきた。例えば、競争が進むと強い会社だけが勝ち残って、弱小会社は潰れてしまう。1社だけの独占状態になってしまうということがある。そうなると、業界は生き残った1社の思いのまま。消費者は価格やサービスの面で、不利益を被ることになる。

 あるいは、何でもかんでも会社の自由にしてしまうと、会社はお金さえ儲かれば何をやってもいいということになる。汚染物質を川にたれ流そうが、大気にまき散らそうが、何のお咎めも受けない。会社の外の環境を汚染することも自由ということになってしまう。

 このように何でも自由に競争させると、市場の失敗と呼ばれる様々な問題点が出てきてしまうのだ。

 では逆に、自由な競争を止めて、国家が最適配分を考えたらどうだろう? 何でもかんでも国家が決めてしまう計画経済だ。

 これも社会主義の国々が試してみたけれど、競争がなくなって新しい製品が生まれにくくなって、経済は滞ってしまった。ソ連の崩壊など、社会主義がうまくいかないのは歴史を見ても明らかだろう。

 結局、何でもかんでも自由競争にするのも問題あるし、何でも国が介入するのも問題がある。ということで、適度に競争に任せて、適度に規制するという、中間の道を模索するというのが正しいやり方なんだろう。

 とはいえ、適度なやり方が簡単に分かれば苦労はない。世界中の経済学者が頭をひねっても次々に問題が起こるのだから、よほどの難問なのだろう。

 グローバル化の話も同じだろう。経済のニュースなどを見ていると、つい最近まではグローバル化の問題ということが盛んに言われてきた。あまりにも自由競争に任せすぎると、グローバル企業は低賃金・低コストの中国に工場を作るので、国内工場が閉鎖して失業者が増えてしまう。外国人労働者も流入するので、技術のない者はやはり失業し、格差社会になると。

 でも、最近になって各国で保護主義的な政策転換がなされるようになったら、今度は逆に保護主義は問題だとか言う人が出てきた。

 結局、何をやっても問題点があるようなのである。自由にするのか規制するのかということで、毎度毎度の綱の引っ張り合い。人々は昔からこんなことばかり続けてきたのではあるまいか。経済の話を聞いていると、最終的に結論が出ないのでなんだかモヤモヤする。実際にやってみないと分からない世界なんだろう。
タグ:池上彰
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: