So-net無料ブログ作成
検索選択

会話もメールも英語は3語で伝わります [語学]


会話もメールも 英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わります




 外国の人と英語で話をする機会がときどきあるのだが、なかなか難しいものである。

 英文を書くのであれば、じっくり考える時間があるけれど、会話の場合はとっさに文章を組み立てなければいけないからついあせってしまう。うまく話せなくて、銅像みたいに固まってしまうイタい経験をしたことも何度か……。

 どうも必要以上に文章を複雑にしようとしすぎているのではないか? 英語表現の根本的なとらえかたを分かっていなかったのではないか?

「会話もメールも英語は3語で伝わります」という本を読んで、そんなふうに感じた。

 この本は、英語で伝えるときに、「主語・動詞・目的語」という3つを意識することでシンプルな表現を目指したもの。余計な枝葉は取り除くべしということが書かれている本だ。

 たとえば、「My job is an English teacher」という表現であれば、「I teach English」と3語に置き換えることができる。同じ意味でも、後者の方がすっきりしている。

 こういう発想は今までしてこなかったので、結構衝撃を受けた。

 どうも日本人の英語というのは、学校教育の影響からなのか、正確にしようとかうまく伝えようとか思いすぎるあまりに、構文が複雑になりすぎてしまうらしい。これでは、文章を組み立てるのも大変だし、受け手にとっても負担になってしまう。

 日本語でも英語でも、できるだけ情報の受け手が理解しやすいように、なるべく簡潔な表現を目指すべきなのだ。本書にはそのためのヒントがたくさん書かれていて、非常に参考になる。

 また、テーマから外れるけれど、英語の時制の意味や前置詞の意味についても、イラスト付きで説明があって、いまさらながらこういう意味だったのかと腑に落ちた。英語の勉強をしなおすのにとてもよい本だと思う。
タグ:中山裕木子
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: