So-net無料ブログ作成
検索選択

アクロイド殺し [ミステリ(外国)]


アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)




 この本はもう3回くらい読んでいる気がする。読むたびに新たな発見がある。

 ミステリー小説は、何回も読まないと本当の面白さが分からないと思う。

 1回目は純粋に犯人は誰なんだろうという謎解きの興味で読む。探偵と一緒に事件を推理していく探偵目線の普通の読み方だ。

 2回目になると、今度は犯人を知っているので、読み方が自然と犯人目線になる。どうやって探偵を欺くのか、どうやって真相から目をそらしてミスリードしているのかという技巧の部分に目が行く。犯人の意外性よりも、こうやって話を組み立てているのかという、技術レベルの高さに驚かされることになる。

 「アクロイド殺し」は「オリエント急行の殺人」などと並んで、クリスティーの代表作であると言われている。実はこうした作品よりももっとうまい作品はたくさんあるし、トリックにも前例があるのだけれど、フェアかアンフェアかということで議論になった、一世を風靡した作品なのだ。

 論争になった〇〇が犯人というメイントリックが有名だが、今回読み返してみると、そうした部分よりも犯人から目をそらすための細かな技法がやはりうまいなと感じた。

 この作品はアリバイものの作品でもある。よくよく読んでみると、犯人にアリバイをこしらえるために、クリスティーは二重三重に仕掛けを施している。こんなにうまくトリックをしかけられては、読んでいるほうも犯人を無意識に容疑者リストから外してしまうはずだ。さすがミステリーの女王は、うまく罠を張るなあと感心させられる。

 小道具の使い方も見事。ガチョウの羽根、結婚指輪、動かされた椅子テーブルのふた……。一見するとこんなものが事件とどうつながるのか分からないような些細なことが、のちのちに非常に重要な意味を持ってくる。真相を暴くのにこうした道具が一役買うことになっていて、クリスティーは仕掛けを組み立てるのもうまいけれど、仕掛けを壊す段にもたいへん洒落たやりかたをしていることが分かる。

 登場人物たちが最初はなんでもないような平凡な人物たちに見えるのだけれど、読み進むにつれて、登場人物全員に驚くような秘密が隠されていることが分かる。読んでいくごとに、万華鏡のように少しずつ人物間の関係が変わって見える。そういう結構すごいことをやってのけている本でもある。

 久しぶりにクリスティーを読んだら、かなり夢中になってしまった。非常に水準が高くて驚くが、こういう水準の高いものばかり苦もなく書き続けたところがまたすごい。クリスティーは、やはりとんでもない作家だったなあと思う。
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

消されかけた男 [ミステリ(外国)]


消されかけた男 (新潮文庫)

消されかけた男 (新潮文庫)




 小説でも映画でも、主人公の与えられる試練が難問であるほど面白い。問題が難題であればあるほど、解決できるんだろうかとハラハラするし、解決したときの爽快感も大きくなる。

 本作「消されかけた男」の主人公に与えられた任務は、まさにそうした難問といえるものだった。

 本作の主人公はチャーリー・マフィンという英国情報部員。情報部の古株だったが、部内では煙たがられる存在だった。

 あるとき、情報部はソ連のKGBの幹部であるカレーニンという人物が、西側に亡命することを希望しているという情報をつかむ。マフィンはこのカレーニン亡命を遂行するよう任務を与えられる。

 どうやって東側に潜入し、どうやって監視の目をかいくぐって越境させるのか? マフィンがどうやって難題を解決するのか非常に見もの。東側に見つかって射殺されてしまうのではないかという、ドキドキするようなサスペンスが味わえる。

 面白いのは、任務遂行の部分だけではない。最後の最後にアッと驚くどんでん返しが待っていて、それまで起きていた出来事に別の意味が隠されていたことが分かる。なんともいえないダブルミーニングのうまさ。手際のよい手品を見たような驚きがある作品なのである。

 背景となるスパイの世界もリアルに描かれている。組織の中で生きることの苦難。上司からは無下な扱いを受け、若い人材からは邪魔者扱い。スパイの世界もサラリーマンみたいな世界なんだなあという悲哀がある。しかも、使命のためとあらば、捨て駒みたいにポイっと命を犠牲にさせられてしまうのだ。

 リアルな諜報の世界というのはこんな非情なところなのかというのが分かって興味深いし、ストーリーも一筋縄ではいかない。今まで読んだスパイものの中でも一級品といえるような小説だった。
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

王妃マルゴ [歴史小説(外国)]


王妃マルゴ〈下〉 (河出文庫)

王妃マルゴ〈下〉 (河出文庫)




 「三銃士」で有名なアレクサンドル・デュマが描いた歴史小説

 1572年、パリのルーヴル宮で盛大な祝宴が開かれる。フランス国王シャルル9世の妹マルゴとナヴァール王アンリ・ド・ブルボンとの婚礼の儀が執り行われたのだ。

 だが、この結婚は愛のある結婚ではなく、政略結婚だった。

 当時、フランスでは2つの勢力の間で争いが勃発していた。カトリック教徒とユグノーと呼ばれるプロテスタント教徒との間の戦いである。お互い憎しみあう2つの勢力だったが、カトリックのマルゴとユグノーのアンリが結婚すれば、フランスをひとつにまとめることができるのではないか。そういう目論見もあって、ふたりは結婚することに。

 しかし、それだけで争いが収束するはずもなく、カトリックとユグノーの争いはさらに激化。アンリを暗殺しようとする企みが着々と進行する。

 ユグノー派が虐殺された、聖バルテルミーの虐殺事件を題材にした作品。史実をベースにした話だけれど、デュマが書いているので、非常に劇的な物語展開を見せる。

 アンリを暗殺しようとするカトリーヌ・ド・メディシス、アンリを守ろうとするマルゴ、王座を狙おうとする国王の弟アランソン公、様々な勢力の間で揺れ動く国王シャルル9世、群像劇というか、それぞれの登場人物たちが各々の思惑を持って独自に行動するところが面白い。各キャラクターたちの企みは衝突するのだけれど、思いもよらない方向へと発展していくところなども見ごたえがある。

 義母であるカトリーヌ・ド・メディシスがことあるごとにアンリを毒殺しようとするところとか、昔のフランスはこんなにドロドロとした世界だったのかと、恐ろしくなるような話。身近な人間ですら信用できない世界だったんだなあと。

 こういうドロドロ陰謀劇のようなものを書かせるとデュマの右に出るものはいない。様々な企みにあふれた傑作だった。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

さむらいウィリアム [伝記(日本)]


さむらいウィリアム―三浦按針の生きた時代

さむらいウィリアム―三浦按針の生きた時代




 ヨーロッパからアメリカ大陸南端を通る西側航路を渡り、日本に漂着したイギリス人ウィリアム・アダムズ(三浦按針)の伝記。

 エリザベス1世がイギリスを統治していた時代、ヨーロッパの商人たちは、世界に向かって冒険を繰り広げていた。香辛料に金や銀、新たな市場など、巨万の富を求めてアジアアメリカへと向かう、し烈な競争が巻き起こっていた。

 アダムズもそんな冒険に思いをはせる人物のひとりだった。彼はオランダの貿易事業に参加することになり、リーフデ号に乗って、香辛諸島を目指す航海に出る。

 だが、その航海は想像を超えた苦難の連続だった。アフリカ西岸に着いた頃には、すでに食料は尽きようとしていた。食料を補給しようと、陸地に上陸しようとすると、土着の者たちに襲われ、船員たちは次々に無残な死に方をした。航海自体も困難を極めた。ひどい嵐に襲われたり、厳冬に悩まされたり、太平洋では現在位置さえも定まらず漂流したりもした。壊血病や熱病に襲われ、船員たちの人数も残り少なくなっていった。

 そんな地獄のような航海を経て、ようやくたどり着いた場所が日本の豊後の港だった。着いた頃には船員たちはみな飢えかかり、病に倒れ力なく横たわっていたという。そんなアダムズら一行は、日本の町や人々を見て仰天する。そこには未開人や野蛮人がいるのではなく、洗練された文化が広がっていて、優雅な衣類を身にまとった人々が生活していたからだ。

 こうしてアダムズは長い航海を終えたわけだが、彼の本当の冒険はここから始まることになる……。

 前半の航海の部分だけみても、ジュール・ヴェルヌの冒険小説を読んでいるような大迫力の内容で、非常に読み応えがある。当時のヨーロッパの人々にとって、日本に来るのがこんなに大変だったのかというのがよく分かるように書かれていた。

 だが、本当に面白くなるのはやはり日本に着いてからで、日本に渡来した外国人たちと日本人との交流が詳しく描かれている。

 アダムズが日本に漂着したときというのは、ちょうど関ヶ原の合戦の直前の時代。アダムズは徳川家康に召しかかえられて、旗本にまで上り詰める。当時のアダムズと家康との関係が非常に詳細に描かれていて、当時の人々がこんな生活をしていたのかということが目に浮かんでくる。

 キリスト教と日本との関係も変遷が分かるように描かれていて興味深い。最初は、宣教師たちを重宝がっていた家康だったが、やがて、キリスト教徒たちが増えていくことに脅威を感じるようになると、キリスト教を禁ずる方向に進んでいく。家康以降も禁教は続き、信者をせん滅しようとする恐ろしい場面も描かれていた。カトリックとプロテスタントとの争いも日本を舞台にして繰り広げられていたようで、プロテスタントであるアダムズらとカトリックであるイエズス会宣教師らが対立する。

 当時の世界史と日本史がどのようにリンクしていたのかが、本書を読むとよく分かるので、非常に勉強になる本だった。アダムズという人物も名前くらいしか知らなかったので、こういう人生があったのかと、読んでいて驚かされた。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ガール・オン・ザ・トレイン [ミステリ(外国)]


ガール・オン・ザ・トレイン(上) (講談社文庫)

ガール・オン・ザ・トレイン(上) (講談社文庫)




 全米ベストセラーでドリームワークス映画化の話題作、「ガール・オン・ザ・トレイン」を読んだ。

 主人公はレイチェルという女性。最愛の夫と離婚して、仕事もクビになり、傷心のあまり酒浸りの生活を送っている。そんな彼女の唯一の慰めは、毎日乗る電車の窓から見えるテラスハウスを眺めること。その家には見知らぬ夫婦が住んでいて、レイチェルは勝手に夫婦の生活を想像しては楽しんでいた。

 だが、あるときレイチェルの身に恐ろしい出来事が起こる。酒を飲みすぎて、電車の中で記憶をなくすが、気がつくと頭と手に怪我をしていて、いつの間にか自宅で寝ころんでいた。何が起こったのか、どうやって帰ったのかまるで覚えていない。ちょうど同じころ、彼女がいつも眺めていた家の女性が失踪してしまう事件が起こる……。

 英米で話題になっている本ということで期待しすぎたせいか、正直なところ読後感は少し物足りない感じではあった。

 ミスリード・キャラクターが何人かいて、出てくる登場人物はどいつもこいつも怪しい。主人公でさえ記憶喪失にかかっていて、もしかしたら主人公が犯人なんじゃないかとか、そんな可能性さえもありうる状況である。

 ただ、ミスリード・キャラクターがいるというだけで、それ以上にトリッキーなしかけがあるわけではなかった。普段、アガサ・クリスティーばかり読みすぎているせいか、もう少しどんでん返しがあるものを期待していたから、少々あっさり目なのは残念であった。

 とはいえ、本作品がつまらなかったというわけではない。サスペンスとしては面白くて、最後までぐいぐい読ませるのである。

 もしかしたら身近な人間が殺人者かもしれない。ひょっとしたら自分が何か犯罪を犯してしまったのかもしれない。そんな主人公の不安な心境がうまく描かれている。どこにでもいるような平凡な人間が事件に巻き込まれていく。ヒッチコック・スリラーのようなものを連想させる作品なのだ。

 何より、主人公のキャラクターがよかった。呑んだくれのダメ女。精神的に不安定すぎて、誰からも信用されない。ちょうどこの本を読んでいるとき、自分もロクなことがなくて、へこんだ気分になっていたから、この主人公のダメっぷりには随分共感してしまった。

 ひねったミステリーばかり読んでいると、こういう作品には点が辛くなってしまうのだけれど、ベストセラーというだけあって人間心理を描くのがうまいし、謎を煽るのもうまかった。映画が上映されたら、なんだかんだで結局観てしまいそうだ。
nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

レーニン対イギリス秘密情報部 [世界史]


レーニン対イギリス秘密情報部

レーニン対イギリス秘密情報部




 第一次世界大戦の長期化によってロシアの民衆は疲弊していた。1917年、帝政ロシアに対する民衆の怒りが爆発し、暴徒と化す。各地に暴動が広がり、上流階級の屋敷や宮殿は荒らされ、旧体制は崩壊する。ニコライ二世は退位し、帝政ロシアは終わりを告げた。ロシア革命と呼ばれる出来事である。

 当初は臨時政府が樹立されたが、これにも民衆は満足できず、とうとうレーニンが臨時政府を打倒し、ソビエト政権を樹立させる。世界初の社会主義国の誕生となった。

 この一連の動きを見てあせったのはイギリスである。レーニンは革命運動を世界的に広めようとしていた。当時イギリスが統治をしていたインドまでも……。

 脅威に感じたイギリスはロシアに軍隊を送り込んで鎮圧したかったが、当時は第一次大戦のさなか。イギリスはドイツとの戦争に注力していたので、軍隊をロシアにまで送る余力はない。そこで、イギリスが考えたのが、謀略を用いる方法だった。ロシアや中央アジアにスパイを送り込んで、ロシアの活動を内側から攻撃して弱体化させるという情報戦だ。

 本書はこのような、ロシア革命前後のロシアとイギリスとの間のスパイ戦争を描いたノンフィクションである。ロシア革命がどのような経緯で起こったのか、レーニンはどのようにして権力を握ったのか、イギリスはレーニンに対してどのように対抗していったのかが、迫力のある筆致で描かれている。
 
 レーニンはチェッカーと呼ばれる保安組織を立ち上げて、反革命分子や外国のスパイなどを厳しく監視するようになった。そんな中でロシアに潜入したり、情報をイギリスに伝えたりすることは、命の危険を伴うたいへん危険な行動といえる。本書には、そんな危険な任務に身を投じた数々のスパイの偉業が描かれていて、たいへん読みごたえがあった。

 出てくる諜報員たちも魅力的だ。のちに「アシェンデン」という作品で当時の状況を伝えた作家のサマセット・モーム。ジャーナリストで児童文学作家でもあるアーサー・ランサム。ジェームズ・ボンドのモデルにもなったとされるシドニー・ライリー。アジアで諜報活動を行ったフレデリック・ベイリー。普通は、危険があったら怖気づいたり逃げ出したりしてしまうものだが、彼らはあえて危険な世界に身を投じる勇気の持ち主たち。世の中にはこんなに豪胆な人間がいるものなのかと驚嘆させられる。

 チェッカーの監視の目から逃れるために、変装して身分証を偽造し、居所も絶えず変えて場所を転々とする。暗号化したり、見えないインクを使って情報を伝える。敵の戦力を弱めるべく、敵対勢力を支援して代理戦争を起こさせる。思想・宗教的な対立をあおるプロパガンダを行う。こんなことが本当にあるのかというスパイ映画さながらの恐ろしい世界が繰り広げられていた。

 ロシア革命の背後にこんな激しい情報戦があったというのはほとんど知らなかったので、とても興味深く読んだ。当時の革命の経緯も克明に描かれているので、歴史を知る意味でも面白い本だった。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: