So-net無料ブログ作成

ゼロからトースターを作ってみた結果 [化学]


ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)

ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)

  • 作者: トーマス トウェイツ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/09/27
  • メディア: 文庫



 トースター作りに挑戦した筆者の奮闘記。

 トースターを作るといっても、単にパーツを組み合わせるだけではない。原材料を鉱山などから掘り起こすところからはじめて、材料をパーツの形に加工して、さらに組み立てるという気の遠くなるような作業に挑むという話である。

 トースターなどというと、パンをトーストするだけのシンプルな道具なのかと思っていたが、この本を読むと案外複雑なものであることがわかる。部品をばらすと400以上のパーツに分けられる。素材としてもいくつかの種類に分けられる。電気を送る銅線が必要だし、鋼鉄のパーツも必要だ。発熱体はニッケル。断熱材となるのはマイカ。ケースとなるのはプラスチックだ。

 それをゼロから作ってしまおうというのだから面白い。

 鋼鉄をどう手に入れるのか? プラスチックをどうやって入手するか? ニッケルをどう手に入れるのか? 入手した原料をどのように加工するのか? 筆者の悪戦苦闘ぶりが見もの。本書を読み進めるうちに、製品の原料というものがどのようなルートで入手されるのかということがだんだんと見えてくるし、原料をパーツの形にするのもかなりの労力が必要であることが分かってくる。

 鉄なんて身の回りにたくさんありそうなものなのに、いざ自分でパーツを作ろうとしたらこんなに大変なのかと驚かされる。鉄鉱石を手に入れること自体が大変だし、鉄鉱石から鉄を取り出すにも技術がいるのである。トースター1台とってみても、様々な科学技術の粋が集められているんだなあということが分かってきて、非常に社会勉強になる内容だ。

 読み終わった後に思わず身の回りの製品を見回してしまったが、こうした製品も世界中から集められて、様々な工程を経てできているんだなあとしみじみ感じさせられてしまった。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

The Bazaar of Bad Dreams [洋書]


The Bazaar of Bad Dreams (English Edition)

The Bazaar of Bad Dreams (English Edition)

  • 出版社/メーカー: Hodder & Stoughton
  • 発売日: 2015/11/03
  • メディア: Kindle版



 スティーヴン・キングの最新短編集が出版された。「悪夢のバザール」というタイトルの通り、悪い夢を見ているかのようなひんやりとする不気味な雰囲気の20作品が収められている。

 キングの短編集は毎回楽しみにしているけれども、本書に収められている作品群はこれまでにもまして水準の高いものが多く、キングのストーリーテリングの才能が遺憾なく発揮されている。

 心臓を鷲づかみにするような恐怖短編もあれば、じんわりと心に染みるような人間模様が描かれていたりもする。それぞれ単独の作品であるけれど、底に流れているテーマはどことなく共通している。死に対する恐怖や悲しみ、過去の罪に対する罪悪感、身近な人間との別れ、才能を持つことの代償。これまでキングが描いてきたようなテーマが本書の中でも繰り返される。

 「Afterlife」は、死後の世界を描いた作品。証券会社に勤める男が死んだ後、同じ人生を赤ん坊の頃からやり直す。過去に犯してしまった罪を償うまで同じ人生が繰り返されるという、煉獄のような世界が描かれている。「もし人生をやり直すことができたら?」ということはときどき考えるけれど、キングが描くとこんな風になるのかというのが見れて面白い。

 「The Dune」は、砂の上にこれから死ぬ人間の名前が書かれているのが見えるという話。短い話だったが、ツイストが効いていて、最後の一文でゾッとさせる恐怖談。

 「Bad Little Kid」は、主人公の前に繰り返し現れる不思議な少年の話。主人公の人生の節目節目に現れるのだが、いつも同じ年齢で同じ格好をしている。主人公の周りの人間を死に追い込む死神みたいな存在。少年の超自然的な不気味な雰囲気も怖かったけれど、主人公の人生が大きく狂わされていく感じも怖かった。

 「Obits」は、駆け出しのライターがふざけ半分で書いた架空の死亡記事が実現してしまうという話。キング版「デス・ノート」といった内容の作品。主人公は調子に乗って、次々に死亡記事を書いて、記事の通りに人が死んでいく。やがて、自らの犯してしまった罪が災いして、主人公は窮地に陥ることになる。能力を間違って使うことへの代償が描かれている。

 「Summer Thunder」は、核戦争後の世界を描いた作品。登場人物は2人の人物と犬一匹のみ。荒廃した世界で細々と生きる主人公たちの日常がリアリスティックに描かれていて、迫力がある。身近な人間の死に直面することのつらさ、悲しみを描いた作品。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: