So-net無料ブログ作成
検索選択

沈みゆく大国アメリカ [国際]


沈みゆく大国アメリカ (集英社新書)

沈みゆく大国アメリカ (集英社新書)




 ジャーナリストの堤未果が、医療崩壊によって苦悩するアメリカの現状をレポートした本。

 バラク・オバマが大統領に就任して、公約であった医療保険制度改革が行われ、全国民の保険加入義務化を定めた「オバマケア」が実現した。アメリカには国民皆保険制度がなかったため、高額の医療費を負担するには民間の医療保険に加入しなければならず、民間保険に加入していないと適切な医療を受けられないことがあり、問題になっていた。

 共和党の反対を押し切って、オバマ大統領が医療制度を改革すると、これを待ち望んだ人々は歓喜し、これで誰もが安心して安価な医療サービスを受けられると、ほっと一息ついた。だが、その喜びは長くは続かなかった。オバマケアには多くの問題が潜んでいることがだんだん分かってきたのだ……。

 ニュースでオバマケアの話を聞いたときには、これでアメリカも日本の国民皆保険制度と同じようなシステムになるんだなあと思っていたが、本書を読んだら、実際にはオバマケアは日本の国民健康保険制度とはかなりちがうシステムになってしまっているらしいのである。

 日本で採用されている制度というのは、患者が民間の保険会社を介さずに直接公的機関に保険料を支払い、政府が一括して価格交渉するというもの。政府が介入することで薬代や医療費が高騰することが抑制され、患者は所得に応じて医療費を負担すればよくなる。

 他方で、オバマケアというのは民間の保険と公的保険が両立した制度になっていて、公的機関が一括して保険を扱うという形になっておらず、政府が価格交渉権を持っているわけではない。医療費設定のシステムは変わらず、医療費高騰には歯止めがかからなくなり、患者の医療費負担も高額なものになってしまう。

 本書には、オバマケア実施後のアメリカで、医療費の負担に苦しむ人々の生の声が次々に出てくる。HIV陽性反応が出たのに保険加入を拒否された若者、高収入のエリート金融マンでさえ高額すぎる医療費が支払えない現実、保険に加入しても医者に診てもらえない悲劇などなど、アメリカは今こんなひどいことになっているのかという厳しい現実を見せつけられる内容。

 保険会社や製薬会社などの企業群による影響は非常に大きく、政治への影響力も強く、日本的な単一支払医療制度の案は法案段階で骨抜きにされてしまったらしい。アメリカ型の市場主義の医療分野への影響が見えてくる。

 こういう本を読むと、アメリカのシステムに比べて日本の患者は恵まれているなあと思ってしまうのだが、他人事ではなくて、アメリカの保険・製薬業界から見れば日本の医療というのはおいしい市場でもある。日本でも少しずつアメリカ型の医療システムを取り入れていく動きも出ているそうだ。

 何でもかんでも市場開放すればいいというものではなくて、医療などは市場原理に向かない分野なんじゃないか。本書を読んで、今後の政治の動向が非常に気になってしまった。
タグ:堤未果
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

スエズ運河を消せ [手品]


スエズ運河を消せ―トリックで戦った男たち

スエズ運河を消せ―トリックで戦った男たち




 第二次大戦中、エジプトに侵攻をしようとしていたドイツ軍に対して、マジックを使って戦いを挑んだ男がいた。その人物の名は、ジャスパー・マスケリン、イギリスのマジシャンだった。イギリス軍に入隊した彼は、人を騙すあらゆる手口を使って、ドイツ軍の目を欺こうとする。

 本書は、そんなマスケリンが、戦地でしかけた様々なイリュージョンを描いたノンフィクションである。

 第二次大戦当時、イギリス軍はエジプトに駐屯していたが、ドイツ軍はイギリスをエジプトから撤退させようとやっきになっていた。イギリス軍の背後にはペルシャの油田が控えていて、イギリスがエジプトから撤退すれば、イギリスは石油の重要な供給源を絶たれることになる。ナチスは、北アフリカ戦線に砂漠戦に備えた精鋭部隊を送り込む。そして、その指揮を担ったのが、戦車戦の専門家エルヴィン・ロンメル将軍だった。

 ロンメル将軍は、卓越した戦略でイギリス軍を苦しめ、快進撃を続ける。じわじわと追いつめられてゆくイギリス軍は、ドイツ軍に対抗するためマスケリンの力を借りることに――。

 本書を読んでいると、マスケリンのドイツ軍の目を欺く壮大な仕掛けが次々に出てきてびっくりする。ニセの潜水艦を作り上げる、アレクサンドリアの港を移動させる、戦車部隊をそっくりそのまま作り上げる、スエズ運河を消してしまうなどなど……。マジックの技法を応用してドイツ軍を撹乱し、おとりに向かって攻撃をさせたり、イギリス側の攻撃計画を隠匿したり。あの手この手でドイツ軍を騙そうとするイリュージョンが出てきて興味深い。

 出てくるトリックはステージマジックの技法を応用したもの。舞台が戦場になろうと、人の錯覚を利用するという点では同じなんだなあということが分かる。ハリボテを戦車に見せかけたり、人形を本物の人間に見せたり、視覚の錯覚を利用する。見せたいものを見せて、誤誘導する。マジックの技法が驚くほど壮大な舞台で使われるところが面白い。

 マスケリンの奇抜な作戦はドイツ軍を苦しめ、ロンメル将軍の進撃を食い止め、イギリス軍を優勢に導くことになったのだそう。どこから伝説でどこまで真実かは分からないが、次々に目を見張るエピソードが出てきて、非常に読み応えのある一冊だった。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

チャイナ・セブン [国際]


チャイナ・セブン 紅い皇帝 習近平

チャイナ・セブン 紅い皇帝 習近平




 中国共産党中央総書記である習近平の半生と、現在の中国が何を狙いとしているのかを解説した本。

 1978年、文化大革命による経済的な打撃から脱却するため、当時の中国のトップであった鄧小平は改革解放路線を打ちたてた。「先に富める者から先に富め」という先富論を唱え、金儲けを推進するよう人々を駆り立てたのだ。そのあとを継いだ江沢民も鄧小平の路線を引き継ぎ、経済の成長に重きを置いた。

 この改革開放路線の結果、中国経済は著しい成長を見せるが、同時に貧富の差も拡大。富の一極集中が生まれ、党幹部が利益集団と化し、腐敗が生じるようにもなってしまった。これは中国の本来の社会主義に反するものといえる。

 習近平が中国のトップとなると、いやがおうにも、こうした問題に直面せざるをえなくなる。利益集団や腐敗を切り崩して、「先に富んだものがまだ富んでいないものを牽引して、共に富む」という共富論を実践することが必要となってきた。

 政治体制を改革して民主化すれば、三権分立によって腐敗が防げるかもしれないが、共産党の一党独裁体制を崩壊させるわけには行かない。共産党の支配を保ったままで、問題を解決しなければならない。習近平体制に課せられた難問である。

 本書は、こうした難問に直面した習近平がどのような政策をとろうとしているのか、その政策が日本とどのように関わってくるのかについて、丁寧に解説している。普段ニュースで目にするような中国の問題が、中国の目線からひとつながりに見えてくるような内容だ。

 日本の視点から見ると、中国の脅威ばかりに目が行きがちだが、本書を読むと中国には中国で様々な苦悩を抱えていることが分かる。民衆の暴動による一党独裁への脅威、格差問題、環境悪化、政治の腐敗など、実は危ういバランスの上に成り立っていることが書かれている。

 また、習近平の政策について語るにあたって、その人生の山あり谷ありが丁寧に描き出されているところも読み応えがあって、面白かった。波乱万丈の生き方をしていて、一代記として読んでも興味深い内容。中国の上層部の中も様々な陰謀が渦まいていて、随分ドロドロとした争いがあるもんだと驚いた。

 下手に主義主張を通そうとすると、いつ足を引っ張られるか分からない世界にあって、習近平はできるだけ穏便に立ち回って、周りに嫌われない「いいひと」を目指していたタイプだったというところも読んでいて面白かった。中国のトップにもいろいろなタイプがあるらしいのである。

 中国の政策について鋭い分析がなされているし、習近平の人となりも分かって、かなり勉強になる本。やや脱線気味に話が進んで、中国を取材したときの筆者自身の体験談なども出てくるのだが、こういう脱線話もめっぽう面白くてためになった。
タグ:遠藤誉
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

007 白紙委任状 [ミステリ(外国)]


007 白紙委任状 上 (文春文庫)

007 白紙委任状 上 (文春文庫)




 イギリスの諜報機関は、通信傍受により、ノアという人物がテロ計画を進行させていることを知る。その計画が実行されれば、死者は数千にものぼる見通し――。秘密工作員のジェームズ・ボンドは、このテロ計画を阻止するよう任務を与えられる。ノアの正体をつきとめ、テロ計画の全容を暴こうとすべく、手がかりをたどってセルビアへ……。

 映画でもおなじみの007の物語を、人気作家ジェフリー・ディーヴァ―が小説化。生みの親のイアン・フレミング亡きあと、このシリーズはいろいろな作家が書き継いでいるが、本作はディーヴァ―ならではのひねりのきいた作品になっている。

 物語の舞台は、セルビア、イギリス、アラブ首長国連邦、南アフリカとめまぐるしく展開。主人公はまさに世界を股にかけた活躍を見せる。

 「ゴーストスナイパー」とこの本を続けざまに読んで、ディーヴァーはミスディレクションの上手い作家なんだなあと感じた。

 犯罪行為もあからさまにやってしまっては、すぐに露呈してしまう。巧妙な犯罪者なら、悪事がばれないように捜査機関に偽の手がかりを与えたり、スケープゴートを与えたりして、煙に巻くだろう。捜査機関が、誤った標的を追いかけているうちに、こっそりと悪事を働いてしまう。

 ディーヴァーはそんな本質から目をそらす手法が巧みで、本作の中にもミスディレクションの手口がたくさん出てくるのである。最後の最後に、思いもよらない意図が隠されていたことが分かったりして、最後まで目を離せない展開になっている。

 007なので、危機また危機のスパイアクションとしても面白いのだが、やはりディーヴァ―が書いているだけあって、ミステリーとしての完成度が高い。細かな手掛かりを追いかけていく楽しみやどんでん返し。ちりばめられた手がかりが最後に一枚の絵になるダイナミズム。仕掛けがいくつも盛り込まれている感じで、読みごたえがある一冊だった。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ストームブレイカ―  [児童書]





 イギリスの14歳の少年アレックス・ライダーのもとに、悲しい知らせが届く。叔父が自動車で帰宅中にタンクローリーと衝突し、亡くなったというのだ。アレックスは生まれてすぐに両親を飛行機事故で亡くしていたため、叔父はアレックスの親代わりとなってくれた人。唯一の家族といえる人だった。

 悲しみのなかで湧き上がる疑問。身近にいたわりには、自分は叔父のことをよく知らない。アレックスは叔父のことを調べていくうちに、衝撃の事実に行き当たる。叔父は本当は事故で死んだのではなく、暗殺されたのではないか? しかも、叔父は銀行家ではなく、イギリスの諜報機関MI6の秘密工作員だった!? やがて、アレックスのもとに謎の男たちが接触してきて……。

 イギリスのミステリー作家アンソニー・ホロヴィッツによるシリーズもの。少年スパイアレックスの活躍を描いた冒険活劇である。

 内容は007シリーズのジュヴナイル版といったところか。主人公のアレックス少年が諜報部員の叔父のあとを引きついで、自らMI6の秘密工作員として活躍する。ジェームズ・ボンド顔負けのアクションをこなし、秘密のスパイ道具を駆使して、悪玉の陰謀を暴いていくのだ。

 ジュヴナイルものといっても、ミステリーとしての組み立てはきっちり作られていて、興味深い謎解きがあるし、手に汗握るアクションシーンも満載だった。

 今回、アレックスはコンピュータ業界の大物へロッド・セイルに隠された秘密を探る。何やらおそろしい陰謀をたくらんでいる様子だが、それがなんなのか正体がつかめない。アレックスは、コンピュータ好きの少年になりすまして、セイル・エンタープライズに潜入することに。

 叔父の残した手がかりを追って、徐々に真相に近づいていくあたりはうまい。ミステリーのツボを心得ていて、まさに良質なスリラーを読んでいるゾクゾクした感じがして楽しかった。

 自動車解体工場で死にそうになったり、謎の暗殺者に狙われたり、高所でヒヤヒヤするアクロバットを演じたりと、随所に見せ場があって飽きさせないところもよい。

 読んでみて結構面白かったので、シリーズの残りも必ず読んでみたくなった。お気に入りのシリーズが増えた感じ。アレックスがこれからどんな活躍を見せるのか楽しみになってきた。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ゴースト・スナイパー [ミステリ(外国)]


ゴースト・スナイパー

ゴースト・スナイパー




 アメリカ政府を批判する活動家ロバート・モレノが、バハマで殺害される。遠距離からスナイパーによって狙撃されたのだ。モレノにはテロ活動の疑いがかかっていたことから、アメリカの諜報機関による暗殺だったのではないかとの見方が浮上する。科学捜査の専門家リンカーン・ライムは、この事件の担当となり、スナイパーの正体を突き止め、事件の黒幕に迫るべくバハマへと飛ぶ。

 科学捜査の天才リンカーン・ライム・シリーズの最新作。リンカーンと謎の狙撃者との闘いが描かれる。

 猟奇ものが苦手なので、このシリーズは敬遠していたのだが、今回はスナイパーの話というので気になって読んでみた。読んでみると、その内容は謎解きとサスペンスが融合した手に汗握るスリリングなもの。まさに巻を措くあたわずといった感じで、あっという間に読み終えてしまった。

 次から次に意外な事実が飛び出してきて、どんでん返しに次ぐどんでん返し。何もこんなに何度もひっくり返さなくてもいいのにと思うくらい、しつこいほどの二転三転の展開。最後の最後まで先が読めないストーリーだ。

 主人公が科学捜査の専門家というだけあって、手がかりを地道にたどっていくところが一番の読みどころといえるだろう。犯行現場に残された微細な証拠を集めて、犯人や犯行手口に結びつけていく。調味料の成分や砂粒、油など、わずかな痕跡が出てきて、最初はなんのこっちゃという感じでもやもやするのだが、最後にこうした微細な証拠が組み合わさって、重要な手がかりだったことが判明。パズルのピースのようにぴったり全体像にはまっていくところが爽快なのだ。

 最新の科学捜査の実情が書かれていて、こんな風に捜査を進めていくのかというのが見えてきて面白い。謎解きの合間合間には、主人公たちが危険にさらされるサスペンスフルな場面も出てきて、メリハリが効いている。映画を観ているようなスピード感。さすがに手練れの作家だけあるなあと感心させられた。

 トリッキーな仕掛けが満載であるし、科学捜査の薀蓄もたくさん出てきて勉強にもなる。ミステリーとしての完成度が非常に高い一冊で、ほかの作品も読んでみたくなった。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

怪盗紳士 [児童書]


怪盗紳士    怪盗ルパン 文庫版第1巻

怪盗紳士 怪盗ルパン 文庫版第1巻




 有名なアルセーヌ・ルパンが初登場した作品集『怪盗紳士』。ルパンの活躍を描いた短編がいくつか収められている。

 ルパンの登場場面はどんなだろうと思って読んでみたのだが、1作目から秀逸なミステリーになっていて驚かされた。
 
 物語の舞台は、大西洋に浮かぶ豪華客船プロバンス号。フランスからアメリカのニューヨークに向けて優雅に航行中の船内で奇妙な噂が流れ始める。この船の中に怪盗紳士として有名なアルセーヌ・ルパンが乗り込んでいるというのだ。大陸から船に送られた無電情報によると、ルパンの特徴は、一等客室にいる一人旅の男で、右腕に傷跡があり、頭文字は「R」だという。船内の客たちの間に動揺が走る。あいつがルパンかこいつがルパンかと、お互いに監視の目を強めていく。やがて、ロゼーヌという一人の青年が疑われるようになり……。

 誰がルパンなのか分からずに話が進行し、乗客の中にまぎれこんだルパンを探す謎めいたストーリーになっている。乗客の誰も彼もが疑いの対象になって、お互いに疑心暗鬼に陥っていくところがぞくぞくする。

 トリッキーな作品でもあって、読者の目をくらませるあるミスディレクションが仕掛けられていて、ミステリーとしての完成度も非常に高い。初登場作品から非常に洗練されていて、なんとしゃれた作品なんだろうと驚嘆させられた。

 もちろん、その後に続く作品群も申し分のない出来ばえだった。一作目で逮捕されて刑務所の中にいるはずのルパンが、所内にいながらにして鮮やかな盗みを成功させる話、ルパンが刑務所から難なく脱獄してしまう話、ルパンの少年時代のエピソードなどなど、興味深い短編が並んでいる。

 改めて読んでみると、ルパンの短編は推理ものとして非常によくできていることに気づかされる。もっと子供っぽいものをイメージしていたが、ルパンの仕掛けるトリックは本格的なもので、本格推理作家にも引けをとらない内容。たとえば、「ぼくの少年時代」という話は城館から王妃のネックレスが盗まれる話なのだが、犯行現場は密室状態で、誰も入り込むことはできないはずだったという不可能犯罪ものの傑作だ。

 ルパンは冒険小説のイメージが強かったのだが、ルパンの仕掛ける心理的・物理的なトリックは、奇術師のような腕前。あざやかな騙しの手口に、あらためて感心させられた。

 しばらくルパンは読んでこなかったが、この1作目があまりにも面白かったので、また別の作品も読むことになりそう。短編ものは全部読んでみたいなあと思った。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: