So-net無料ブログ作成

ルポ ニッポン絶望工場 [社会]


ルポ ニッポン絶望工場 (講談社+α新書)

ルポ ニッポン絶望工場 (講談社+α新書)

  • 作者: 出井 康博
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/07/21
  • メディア: 新書



 最近、外国人が働いているのをよく目にするようになった。コンビニとか飲食店などでは当たり前の光景だろう。

 日本で暮らす外国人というのは年々増えているのだそうだ。昨年末で238万人程度である。

 半分くらいは永住者や定住者だが、3割くらいは「留学」「技能実習」という在留資格で入国してきた人たちだ。

 「留学」「技能実習」などというと、日本語の勉強をしたり技術を学んだりするために来たのだなと思うのが普通だ。ところがそれはあくまでも建前で、実際には短期の出稼ぎ労働のために来ている人が大半なのだという。

 しかも、彼らの働いているのは、3Kと呼ばれる日本人がやりたがらない仕事が多い。2020年を目標にした政府の「留学生30万人計画」というのがあるけれど、そもそも日本がなんで外国人を受け入れているかというと、日本人が働きたがらないような人手不足の業界に人員を補充するためなのだ。

 建前はどうあれ、外国人も日本で働けば貯金ができるし、日本の人手不足も解消される。お互いにWinーWinじゃないのかという気もしてくる。ところが、そういう単純な話でもない。

 日本で働いている外国人の多くは、日本で働けば裕福になれるという夢を抱いて、借金をしてまでブローカーに多額の費用を払い、留学先や働き先を紹介してもらうケースが多い。

 だが、いざ日本に来てみたら、予想外に稼ぎは悪い。働いても働いても、途中で紹介者にピンハネされたり、住居費を差し引かれたりして、手元に残るお金はごくわずか。それでも借金を背負っているので、どんなにきつい3Kの仕事であっても、奴隷のように働かざるを得ない。

 本来は外国人が働くことのできる時間数も限られているのだが、そんなことにもかまっていられない。深夜も早朝もなく長時間働くしかない。不法就労などは当たり前の世界なのだ。

 「ルポ ニッポン絶望工場」は、こうした外国人労働者が蟹工船のごとくこき使われている実態を取材した本である。新聞配達などにもこのシステムが利用されているから、新聞やテレビも報道したがらない話もたくさん書かれている。

 日本の社会もこうした犠牲のもとで成り立っているかと思うと、なんだかなあという気がしてくる。いろいろと知らない世界が見えてくる興味深い本。日本も身近なところに闇があるのだなと理解できた。
タグ:出井康博
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0