So-net無料ブログ作成

24人のビリー・ミリガン [伝記(外国)]


24人のビリー・ミリガン〔新版〕上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

24人のビリー・ミリガン〔新版〕上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • 作者: ダニエル・キイス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/05/08
  • メディア: 文庫



 二重人格という話はときどき聞くけれど、なんと24人格も持ってしまった人の実話。

 1977年のオハイオ州で、複数の女性をレイプしたとしてビリー・ミリガン容疑者は逮捕された。この容疑者には、とても奇妙な雰囲気があった。面会人が話をしに行くたびに、話し方や態度ががらりと変わってしまうのだ。弁護士たちが面会を進めるうちに、ビリーの中には複数の人格が存在していることが次第に明らかとなってくる。

 それぞれの人格は、性格や話し方だけでなく、年齢、性別、国籍、得意分野にいたるまでバラバラ。3才の少女クリスティーン、リーダー的存在のアーサー、エレクトロニクスの天才トミー、弁舌さわやかなアレン、暴力と銃専門のレイゲン、レズビアンのアダラナ、絶えず周囲にいたずらを仕掛けるリー、継父の殺害計画ばかり考えているエイプリルなど。

 スポットと呼ばれる意識の舞台に、各人格が交代で現れ、時間を割り当てられるという仕組み。

 困った事態になるたびに、それぞれの得意分野を持った人格が現れて窮地を切り抜けていくというのは面白い。拘束されているときは、脱走の名人トミーが現れて、手錠でも鍵でも外してしまう。相手を説得しなければならないときは、口先のうまいアレンが現れる。暴力に巻き込まれたときにはレイゲンが現れて、相手をねじ伏せてしまう。

 それぞれの人格のキャラクターが際立っていて、チームで活躍していくドラマを見ているような感じで痛快だった。

 とはいえ、人格の交代が思わぬ時に起こったりもするので、トラブルになることが多かったようだ。大事な仕事中に幼い少年の人格が現れて台無しにしたり、犯罪性向のある人格が現れて周囲とトラブルになったり。各人格がやりたいこともてんでバラバラなので、一貫性のある行動をとることもできない。そういう苦労話も語られている。

 奇妙なエピソードが満載で、どのページをとっても実に驚くようなことばかり。人格ってそもそもなんなのかなあとか、誰でも程度の差はあれ人格のゆらぎみたいなものがあるんだろうかとか、人間の脳のメカニズムについてもいろいろ考えさせられた。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0