So-net無料ブログ作成
検索選択

人類が火星に移住する日 [地学]





 火星は荒れ果てた、アメリカのデスバレーそっくりの場所だという。生命反応は皆無だし、食料になるようなものは何もない。人間が吸うだけの酸素すらない。かろうじて、水は存在するが、地中に埋もれているか極地で凍りついているのみ。

 とうてい人間を寄せ付けない場所、それが火星。にもかかわらず、その火星に住んでしまおうという途方もない計画がある。火星テラフォーミング計画だ。

 テラフォーミングというのは、火星を地球化するという意味。地球環境そっくりの状態を火星に作り出してしまおうというもの。水を取り出せる状態にし、大気の状態も地球の組成と同じにする。植物を育てて、森を作り、虫や獣が住めるようにする。

 「そんなことできるの?」という当然の疑問が沸いてくるだろうけれど、理論的には可能なのだ。それが本書「人類が火星に移住する日」に書かれているテーマである。

 火星に移住するにはたくさんのハードルがある。上記の水・酸素・食料の問題のほかにも、そもそも火星まで行くのに時間がかかりすぎるし、有害な放射線が宇宙から降り注いでもいる。

 だけど、こうした問題点を科学的に解決する方法はある。太陽熱を利用して火星に眠る水や空気を活用する方法があるし、火星までの旅程を短縮するための新たなロケットエンジンの案もある。有害な放射線を遮断するアイデアも出てきている。

 最初から火星全部をテラフォーミングすることは難しいので、最初はドーム型の居住地を作って、ドーム内だけを地球環境そっくりにするというやり方もある。

 本書の中には、そんなテラフォーミングのためのアイデアが豊富に描かれている。今まで類書を何冊か読んだけれど、こんなに詳しく解説されているものはないだろう。イラストなども多く載せられているので、イメージもしやすい。

 今はまだ人の住む場所とは思えないような星だが、そのうちに人類は火星に住み着くようになるだろう。世代交代が繰り返され、火星で生まれる子供というのも出てくるにちがいない。その子供たちはやがて、地球からの独立を果たし、火星国家を作るのだ。

 火星の植民地化、火星国家の誕生、地球と火星との交流、火星独立戦争……。SFの世界のように思えることが、ひょっとしたらすぐ目の前に迫っているのかもしれない。本書を読んでいたら、本当にそう思えてきた。
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: