So-net無料ブログ作成
検索選択

警察手帳 [法律]


警察手帳 (新潮新書)

警察手帳 (新潮新書)




 推理小説を読んでいると、ときどき年季の入った刑事が、引退間際になって迷宮入り事件の捜査に乗り出すという話が出てくる。たった一人で日本全国を行脚してホシを追う執念のデカ。

 でも、実際、そんな単独行動ができるものなんだろうか。たいていは2人1組で動くものなんじゃないか? 管轄とかどうなっているんだろう?
 
 警視、警部、警部補というのも何が違うんだろう? 階級が違うと仕事の中身も違ってくるものなんだろうか?

 マスコミ対応などもどうするのだろう? 本当に「64」みたいな激しい戦いがあるものなんだろうか?

 実際のところはどうなのかと疑問が次々わいてきたので、本書を見かけてつい読んでしまった。警察という組織全体について、実際にどんな組織なのか、どんな生活を送っているのかをまとめた本である。警察出身者が書いているだけあって、警察の世界の裏事情がつぶさに書かれている。

 読んでみて、一口に警察と言っても千差万別。どこに配属されるのかとか、どんな階級かによって、仕事の内容も性格もかなり違うのだなあということがよく分かる。ミステリーによく出てくるのは捜査一課の刑事だが、警察の仕事も刑事部門、生活安全部門、交通部門、警備部門という区分があって、それぞれに独自の世界があるようなのだ。

 部署によって違いはあるけれども、警察官になるような人は正義感が強いという点では共通しているのだそう。犯罪を憎み、困っている人を助けたい。そんな善意の気持ちが原動力になっている。本書にもいろいろな警察官が登場するが、メンタリティは共通しているようだ。

 それにしても、これだけ階級がはっきりした組織だと、いろいろ上下関係や組織間で揉めることもあるのだろうな。警察官も捜査だけしていればいいというものでもなくて、組織人でもある。組織として働く悩みというのは警察官にもありそうだ。

 自分の論理と組織の論理が合わなかったらどうするんだろうとか、自分は警察官でもないのに、読んでいてなんだか身につまされるような気分になった。
タグ:古野まほろ
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0