So-net無料ブログ作成
検索選択

自分の時間を取り戻そう [ビジネス]


自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方




 時間というものは貴重である。

 仕事に追われてばかりの生活を続けているせいか、最近とみにそのことを考えるようになった。生活に余裕がないと、気分まで落ち込む。気分が落ち込むと、体調まで悪くなり、仕事もはかどらなくなる。

 そんな悪循環に陥っていたから、時間を取り戻すというのは自分の最近の最大のテーマになっていた。だから、本書を目にしたときにはまさに自分のために書かれたんじゃないかと思えたほど。

 時間を取り戻そうというタイトルだから、仕事を効率よく回すコツが書かれているのかと思ったら、それだけではなかった。本書が対象にしているのは、仕事だけでなく、家事、育児、趣味、レジャー学習と、生活全般に及んでいる。

 どうやったら、生活時間をうまくやりくりして、自分の一番好きな時間に回すことができるのかが書かれているのだ。

 大前提は、何が大事かは人によって違うということ。バリバリ働くのが好きな人もいるし、家でのんびりするのが好きな人もいる。料理をしているのが好きな人もいれば、旅行をするのが好きな人もいる。好きなことは人それぞれだし、好きなライフスタイルも人それぞれだ。
 
 ただ、共通して言えるのは、自分の一番したいことに時間を回すことができればそれにこしたことはないということだろう。本書に書かれているのは、そのための極意なんである。

 本書を読んでいろいろと気づきがあった。一番大きな気づきは、余った時間で何をすべきなのか? 自分が一番何をしたいのかを考えるべきということ。そもそも何をしたいのかということを明確にしないと、せっかく時間が余っても無駄にぐーたらしてしまうだけ。

 まずは自分のしたいこと「To Do リスト」を作って、自分のやりたいことを見える化すべきだったのだ。そうして自分のやりたいことに優先順位をつけていき、余った時間を当てていく。仕事の時間を減らすことを考える前に、まずは余暇の時間を効率的に使うべきだったのだ。

 仕事の効率化のコツのようなことも書かれているけれども、そういうノウハウ的なことよりも、時間というものを意識的に考えるきっかけになったことが、本書の一番の収穫だった。
タグ:ちきりん
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0